レーシック手術で過矯正

レーシック手術では、過矯正になるケースが多いという情報を耳にした人も多いでしょう。これは本当なのでしょうか。

インターネットでは、個人的な印象や判断で、誤った情報や偏見を書き込む人が多くいます。これはレーシックの過矯正に関する問題だけでなく、すべての話題に関して同様の傾向が見られます。そのため、こういった不正確な情報を鵜呑みにすることは、避けるべきでしょう。

特に、レーシックの過矯正のように、医学的な内容に関してはなおさらです。素人が書き込んだ情報を信じる前に、不安や疑問な点に関しては自分自身でレーシックのクリニックの専門医に確かめる必要があります。

レーシックの過矯正については、いろいろな情報がネットに流れています。確かに過矯正という結果が出てしまった例もあるでしょう。しかし、レーシックという技術は比較的新しい医療行為であるため、技術や手術に使用する機械が非常に速いスピードで進歩しています。少し前の古いタイプの機械を使用しているクリニックや、あまり症例実績がないクリニックでは、技術的に少し劣り、過矯正となってしまう可能性はゼロではないでしょう。

手術を受けようと考えている人は、そのクリニックで使用している機械や方法、担当してくれる専門医の技術の高さなどを良く調べて、総合的に判断する必要があるでしょう。重ねて申し上げますが、ネットに書かれている不正確な情報を信じることのないよう、注意してください。

神戸神奈川アイクリニックでのレーシック手術の後遺症?

視力回復手術を受けた際の後遺症について説明しましょう。後遺症とは手術を受ける前は無かった症状などが手術を受けることによって起こってしまう症状のことを言います。

たとえば目が充血するようになったとか、ドライアイなどになった、昼間はまぶしく見えて夜間は視力がぼやけて見えるなどの、症状が後遺症となります。

神戸神奈川アイクリニックでは手術後にこのような症状が出ないように点眼薬などを手術費用に込みこみで処方してくれています。このように神戸神奈川アイクリニックから処方された薬は必ず処方通りに使用するようにしましょう。そうすることによって少しでも後遺症を避けられる形に持っていくのです。

もちろん目の症状や体質などにもよりますが、点眼薬などによっても予防ができるものとなっているので規定は守るようにしましょう。万が一後遺症が出たとしても手術後半年もすればこの後遺症も自然と無くなっていくので安心してください。

神戸神奈川アイクリニックで視力回復手術を受けて後遺症が出た場合術後の定期健診のときに必ず担当の医師に相談することをオススメします。

そして他にも長期保障がついているので不安がある場合はスタッフなどでも相談することをオススメします。基本的には視力回復手術は後遺症の少ない手術なので安心して受ける事ができるのです。神戸神奈川アイクリニックでは後遺症に対しても親身になって相談に乗ってくれるクリニックとなっているので不安なことがあった場合はキチンと相談をすることが大切です。

Comments

Tell me what you're thinking...





{/as_if}