子供の英会話教室

「子供には英語ができるようになってほしい」と親の願いや、また、社会的にも「英語ができることが重要」という風潮があるのもあって、子供用の英会話教室・英会話レッスンは増えてきています。小学校の高学年の授業では英語が必須科目にもなっていますし、それに伴って、塾と同様に、「英会話教室などに通わせた方が良いのでは・・・?」と変に焦ってしまう親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、英語に限らず、外国語を子供に学ばせたいのであれば、英語学習をスタートする時期は早ければ早いほど、その土台をつくることができます。英会話教室では、実際に講師が話す生の英語に触れることができますし、生の英会話を耳に入れることが可能となります。

しかし、実際に子供の英会話教室を選ぼうとしても、何を基準にして良いのか判らない方は多いと思います。英会話・英語を教えてくれる講師にしても、日本人の方が良いのか、外国人の方が良いのか・・・だけでかなり悩みますよね?なんとなく、英語を母国語としている国の外国人から学んだ方が、本物の正しい発音などを習得するのでは?という気がしますし、しかし日本人講師の方が、日本文化や風潮なども含めて合っているのでは?という気もします。

・・・実際のところ、英会話・英語を教えてくれる講師は日本人でも外国人でも良いかと思います。

重要なのは、子供に教えるノウハウがあるかどうか、そしてそれが正しいかどうか、なのです。小さな子供に英会話・英語を教えることはそう簡単ではありません。これも英語に限ったことではありませんが、小さな子供に何かを教えるというのは、それ相応のスキルを要します。

たとえ、講師がネイティブな発音を教えたとしても、それを単なる英単語として説明したところで理解はできませんよね。中学生や高校生のように、学校の授業であるかのごとく理屈で教えたとしても、小さな子供には理解できませんし、そもそも理解しようという気もないので、英会話・英語を習得することはできません。

もちろん、子供自身が考えることは大切なことですが、その考えているなかで、更に楽しさと、リズミカルな流れが加わっていなければ、子供は授業についていくことができないのです。ですから、子供の英会話教室を選ぶ場合、そこで行われているノウハウに実績があるのかどうか・・・をチェックすることが大切となってくるのです。

どのような教え方をしているところが良いか・・・というと、英会話教室に通う子供の年齢層によっても変わってくるかと思いますが、ある程度の年齢になっていれば、リスニング(聞く)・リーディング(読む)・スピーキング(話す)・ライティグ(書く)の4つの分野を学習方法に取り入れているところが良いのではないかな、と思います。そして、英会話教室で習ったことを自宅でも復習できるよう、宿題が出されるようなところも良いかと思います。

また英会話教室を選ぶ際、ほとんどのところが決められた曜日・時間にレッスンが行われると思います。しかし、風邪をひいてしまったり、家の都合でそのレッスン日に通うことができない場合もありますよね?

欠席した場合、振替えが可能であるかどうかの確認をしておくことも大切です。英会話教室に継続的に通うためには、それなりの費用がかかります。英会話教室によってレッスン費は違いますので一概に言い切ることはできないのですが、安くないと考えておいた方が良いかと思います。万が一、レッスン日に欠席した場合、その分のレッスンを他の日に振り替えてもらえるのであれば良いですが、振替えがないのであれば、その1日分のレッスン費は捨ててしまうことになりますからね。

Comments

Tell me what you're thinking...





英語学習は音から勉強すべきだ
英語をはじめとする言語は音の世界に存在しますから英語の音になれるのが英語の勉強の最優先課題なのです。
{/as_if}